ラブグラは、女性版のバイアグラの超定番!性行為に及ぶ際これを彼女に勧めると喜ばれる事間違いナシ!しかも実際に使った事のある女性達からも大評判で、リピーター数がとにかく凄い!これは入手しないと後悔するぞ!

★彼女にラブグラをプレゼントしよう★

女性のFSDの治療の仕方|勃起障害とラブグラの関係

セックスの際に感度が低くなったり、オーガズムに至らないで終わってしまうオーガズム不全は、女性の性機能障害(FSD)と呼ばれています。
男性のED(勃起障害)に比べて認知度が低いですが、この症状に悩んでいる女性は少なくないと言われています。実際に医療機関を受診していない潜在患者の女性も含めれば、相当数の女性がFSDであると言われています。
ただ、不感症はテクニック不足だったり、体位が悪いことが原因なこともあります。この場合には、治療の仕方は正しいセックスの仕方を再教育することが優先されます。
それ以外の原因、たとえば社会的なストレスやレイプのトラウマなどの心理的なストレスが引き金になっている場合には、心の治療が必要な可能性が高いです。
うつ病ではなくても、セックス行為が汚らわしいと感じていたり、レイプによってセックスが恐怖の対象になっていれば、正常に性的刺激を受けることができなくなります。
これは心の問題が性的刺激に対してシャッターと閉じさせてしまっている原因なので、カウンセリングや行動療法などで治療していきます。
身体的な原因で多いのは、加齢によって膣の毛細血管に流れ込む血液量が少なくなることです。年をとると感度が下がるというのは、膣に流れ込む血液が減った結果です。
女性器やクリトリス周辺の血流をアップさせるには、女性版バイアグラのラブグラが有効です。PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という血管拡張物質を壊してしまう酵素の働きを邪魔することで、血液が性器周辺に流入しやすい状態を作り、不感症やオーガズム不全の問題を解決します。
ネットの個人輸入代行業者を通して、医師の処方箋なしで手に入れることができます。